再剥離タイプ 窓ガラス用透明系遮熱フィルム ゼロシート

サイバーレップス直販ショップ ご注文ページへ CR楽天ショップ及びヤフーCR店は作成中です

ゼロシート 新発売 オーダーカット

ゼロシートは軟質塩ビシートに紫外線や太陽熱を吸収する遮熱性能を練り混ぜた透明遮熱シートです。
ガラスに貼る面のシートに粘着剤が付いていないツルツルなシートですが水だけでガラスに密着する自己吸着効果のあるシートです。
貼付後はシート全面でガラス面に吸盤の様に密着しますのでガラスの強度が向上して台風等の風や飛来物によるガラスの割れや飛散を軽減、防止する効果があります。
貼付後は吸盤の様に密着していますがシートの端からきれいに剥がすことが可能ですの、賃貸物件でも安心して使用することができます。
 
貼付作業の時に何回でも貼り直しが可能ですので、小面積であればDIYで簡単に貼ることができます。

(株)サイバーレップス追記:
・オーダーカットしたフィルムなら、更に簡単に貼れます。

・水抜き作業には、『スグハレキットB』が便利です
(このページ最下段をご覧下さい)

特徴・効果:
再剥離タイプ 糊残り無し 自己吸着 貼り直し可能 夏冬両用 透明系断熱 紫外線カット 飛散防止効果 防虫 結露軽減 賃貸ルーム マンション 省エネ 節電

再剥離タイプ透明系遮熱フィルム

注1:このページ内の写真及び画像は全て 『ゼロコン株式会社』の提供によるものです。
注2: 説明レイアウト及び説明内容は、『株式会社サイバーレップスが加筆しております。

ゼロシート 効果

夏は太陽の近赤外線の侵入を抑えますので、肌を刺すようなジリジリ感を減少させながら室内の温度上昇を抑えます。
冬、特に夜間は、室内の暖房熱(遠赤外線)を多く遮断しますので、保温効果が期待できます。

ゼロシートは夏冬両用です

夏/日中:紫外線と近赤外線を多く反射して、涼しさをキープ
夏/夜間:外気温を抑制します、室内温度が高い場合は換気して下さい

冬/日中:日射熱の透過が44%もあり、暖かさをキープ
冬/夜間:暖房熱(遠赤外線)を多く反射し、暖かさをキープ

光学特性試験 可視光線
透過率
日射
透過率
日射
透過率
日射
透過率
遮蔽
係数
紫外線
カット率
3mmガラス
90%
86%
8%
6%
1.0
約27%
ゼロシート貼付
67%
44%
50%
6%
0.70
約99%

※優れた近赤外線カット性能
ゼロシートは可視光線透過率が約67%で眩しさを軽減させ、人が暑く感じる近赤外線を約70%カットしますが、その近赤外線の中でも、特に肌を刺すようなジリジリ感や人が最も暑く感じる波長域を選択的にカットするので、窓際の体感温度が大きく変わります。

※ゼロシート施工後の効果

1.測定物件名
 デイサービスセンター
2.施工ガラス方位
 東面
3.測定日時
 2019年9月3日 朝6:00から
 2019年9月4日 昼12:00まで

施工後の効果:約10℃改善を確認

ゼロシートの遮熱効果実証実験

ゼロシート遮熱シートの実証実験結果
測定の結果、施工することでガラス室内側温度が約10℃改善される効果が実証できました。

※施工後の温度上昇抑制効果の実証実験
動画(株式会社ゼロコン作成)をご覧下さい

透明タイプの遮熱シートで驚きの温度差が体感できます。 肌を刺すようなジリジリ感や暑さの原因である近赤外線をカットしますので、窓際の温度上昇を約10℃抑える効果が期待でき、窓際が快適空間に変わります。
ガラスの割れや飛散を防止する効果が期待できます。
更に、紫外線カット効果もあります。

メーカー作成ユーチューブ動画

※優れた紫外線カット性能、防虫効果

商品やカタログ、床、壁面などを褐色劣化させる原因、シミ・ソバカスなど身体への悪影響の原因である紫外線を約99%カットします。
また、虫は紫外線に集まる習性(走光性)があり、夜間、室内から室外に発せられる照明の紫外線に集まってきますが、ゼロシートは紫外線をカットしますので、虫が寄り付きにくくなります。

ゼロシートは紫外線を99%カットします

※台風などの飛来物による窓ガラスの飛散防止効果

試験概要:

① ガラスサイズ(枠含)W845×H970mm
ガラスは透明板ガラスで厚さは3mm。
・未貼付ガラス 1枚
・ゼロシート貼付ガラス 1枚
 ゼロシート貼付面が、ガラス下面側になるようにセット
鉄球 重さ=1,040g

② ガラス面が上向きになる様にガラスサッシ4隅を固定し、100cmの高さから鉄球1040gをガラス中央部へ自然落下させ、ガラスの破損を調べる。

③ ガラスが破損しない場合は、同じガラスの同じ部分付近に鉄球の落下高さを10cmずつ上げて累進試験を行い、ガラスが破損する高さを調べる。

 

 

ゼロシートは飛散防止効果もあり、ガラス割れのリスクを軽減し、怪我防止にも有効です
試験結果:
未貼付ガラスは、鉄球高さ=150cmで割れました。
飛散したガラスの量=1,844g

約1kgの鉄球を, 1.8メートルの高さから落としても割れませんでした
ゼロシート貼付ガラスは、鉄球高さ=180cmで割れません

※ 結露軽減効果

試験概要:

窓ガラス 1枚=ゼロシートを施工なし
隣接する窓ガラス= ゼロシートを施工
翌日朝の結露付着状況を比較する。

ゼロシートは、結露発生を大幅に軽減します
左側:未施工ガラス、右側:ゼロシート貼付
13:00 撮影

ゼロシートの結露軽減実験
施行4時間後 17:00 撮影
未施工ガラスには結露が付着し始める

施行18時間後 翌朝 7:30 撮影
未施工ガラスには結露が付着し始める


ゼロシートの結露軽減実証実験画像です
未施工ガラスには大粒の水滴が付着し、ガラス下部へ結露が
流れ落ちているが、 ゼロシート施工ガラスには
表面に薄っすらと水滴が付着している 程度である。

株式会社サイバーレップス注記・ご参考:結露がひどい窓ガラス及び店舗の冷蔵庫用防曇フィルム フォグレス75 


※ゼロシート 製品仕様

ゼロシート:
・軟質塩ビシート
・厚さ 約150μm
・色調:透明スライトブルー
・推定寿命約7年

セパレーター(はがしフィルム):透明PET樹脂
・スライトブルー色側がフィルム本体です
・セパレーター(厚い方)は、剥がして捨ててください

貼ることが出来るガラス面(平らな面に限ります)
  ・透明平板ガラス(但し、3㎡未満)
  ・スリ板ガラス、くもりガラス(但し、3㎡未満)
  ・型板ガラス(但し、3㎡未満)
  ・透明複層ガラス(但しW92×180cm1枚で貼れるガラス)
  ・網入りガラス(但し、1平米未満)

上記は目安です。熱割れ現象が起きないことを保証するものではありません。

ゼロシートは軟質塩ビ製です、PET製ではありません

ロールサイズ: 920mm幅x30m (=27.6 M2)
ゼロシートのロール・梱包

オーダーカット販売・長さカット販売
カットゼロシート長さカット及びオーダーカット品の梱包例

ゼロシート施工事例1
ゼロシートの用途は多彩です、貼って剥がせる透明系遮熱ゼロシート
お勧め:賃貸ルーム、一般住宅、オフィス、店舗、etc.

ゼロシート施工事例2
大病院にも採用されました
お勧め:病院、介護施設、ホテル、etc.

ゼロシートの貼り方:

ご参考:メーカー作成ユーチューブ動画
https://www.youtube.com/watch?v=gnX8szl-utM

メーカーの同意を得ました:
メーカーは、水だけを使った施工方法を説明していますが、 界面活性剤を注入した施工液の方が、水抜き作業が良好になります。

水抜きには、スグハレキットBが有効:

・スプレーヘッド付きのボトルを用意してください
(使用済の消毒スプレーを洗浄してご利用ください)
・施工液ミニ1本(5cc)を、500mLの水に注入します
・ガラス面、粘着面、及びフィルム表面にも、スプレーします
・スキージー『青ヘラP』で水抜き

注:施工液ミニは、『のり』ではなく、 『すべらせ液』 作成用の界面活性剤です、約100倍量の水に注入して使用します。
スプレーボトルの容量に比例して、施工液ミニの量を加減して下さい。
例:250mLのスプレーボトルには、施工液ミニ(5cc)の約半分を注入します。


仕上げの水抜きにはキッチンペーパーを充てて下さい
フィルム表面に傷を付けないためです。
ページのトップへ戻る