区切り線

ガラスフィルム施工ツール
フィルムカッター FC600 FC900 FC1200 FC1500
地震台風対策 ガラスフィルム 小幅ロール カット用に開発



フィルムカッター FC600  FC900  FC1200 FC1500

特に、新提案 地震台風対策 ガラスフィルム 縦並べ
GS50K他小幅ロールのカット用に開発したものです。

ガラスフィルムや薄いシートのカットに便利
飛散防止・断熱・視線カット・防犯フィルム等用

各種ガラスフィルムの他、薄いシートのカットにも便利
・セキスイ遮熱クールネット、クールアップ
・セキスイ断熱和障子シート サーモバリア 

フィルムカッター 長さ 4種
FC600 FC900 FC1200 FC1500
各種フィルムカット用、カッター付き、DIY仕様
ガラスフィルムのロールやシートのカットに便利
カットマット不要

フィルムカッターFC600
・カット幅最大620mm カッター付
・全長650mm・全幅 40mm ・全高 32mm
梱包 カートン10cmx10cmx70cm  重量=約850g
2,000円 (自社ショップのみ=税込)

フィルムカッタ-M FC900
 ・カット幅最大920mm カッター付き
 ・全長950mm ・全幅40mm ・全高32mm
 梱包 カートン10cmx10cmx95cm 重量=約1.3kg
 2,500円 (自社ショップのみ=税込)

フィルムカッター FC1200
・カット幅最大1230mm カッター付き
・全長1260mm ・全幅40mm ・全高32mm
梱包 カートン10cmx10cmx130cm 重量=約1.8kg
3,200円 (自社ショップのみ=税込)

上記の内3種は宅急便で配送可能、安価です。
下記FC1500は、大型宅配便になります。

フィルムカッターL FC1500
・カット幅最大1530mm カッター付き
・全長1560mm ・全幅40mm ・全高32mm
梱包 カートン10cmx10cmx160cm 重量=約2kg
3,900円 (自社ショップのみ=税込)

 



フィルムカッターFC 上部アルミの仕様を変更しました:
1)アルミアングル:ブロンズ色からシルバー色に変更
2)上レールの肉厚1mmを1.2mmに変更し堅牢化

フィルムカッターの使い方 FC600 FC900 FC1200 FC1500

上レールを少し持ち上げている写真です、間にフィルムを挟みこんでカットします
使い方
1.フィルムに水性マジック等でカットラインを引きます
2.フィルムを、下レールの上に載せ、位置を決めます
3.上レールを、嵌め込んで固定します
4.上から、カッターを差し込み、スライドさせてカットします
注:上レールが不安定な場合は、マグネットを載せます(マグネットは100円均一ショップ等でお求めください)

構造及び仕様:
・主要部材:アルミアングル
・支持部材:軽量スティール
・付属品: カッター 1個
全て 国産品です。
仕様は 改良などにより、変更する場合があります。
大量カット用には、丸刃カッター(別売り)をお勧めします。

関連商品
ガラスフィルム小幅ロール 食器棚等の地震ガラス割れ対策用
透明飛散防止フィルム
スリガラス調飛散防止フィルム スターダスト
サイバーレップス施工ツール
スグハレキット3種、 施工液、 プロ施工用 CRスキージー、 プロ施工用カットレール

カット手順
1.フィルムを下レールに載せ、位置を合わせる 2.上レールで抑える 3.真上からカッターを差し込み、隙間に沿って切ります
2.付属品  カッター(市販汎用品と同一です、大量施工用には、丸刃カッターの方が良いでしょう)


フィルムを挟んで、上レールを載せた際、不安定な場合はマグネットで抑えます。

ご参考1:
フィルムは、通常、カットマット上に置き、丸刃カッターで押切りします。
押切よりも、”空中切り”の方が、きれいにカットできます。
このカッターを使えば、カットマット不要で、きれいにカットできます。

注:マグネットは、お付けしておりません。
100円均一ショップやホームセンター等でお求め頂ける汎用商品 です。

ご参考2:大量施工及びプロ用には、カットレールL、カットレールSがあります。 
サイバーレップス施工ツール スグハレキット3種、 施工液、 プロ施工用 CRスキージー、 プロ施工用カットレール 
上記フィルムカッターFCは、カットレールのコンセプトを維持し、価格を1/3以下に抑えた商品です。
直販ショップ 施工ツールを選択 (楽天・ヤフー・アマゾンで販売していない商品も多数あります)