ガラスフィルム プレタポルテ コンセプト&施工

プレタポルテ コンセプト&施工 PDF
貼り方は、別紙”ガラスフィルムの貼り方”をご参照ください。
同マニュアルに記載の”青へら”は、”なでスキー”に変わっております。
プレポルテ規格サイズ幅3種x長さ3種
日本の窓ガラス1枚の幅は、
70CM〜80CMが非常に多い
框(かまち)幅=1間(182CM)が多いからです。
日本の窓ガラスサイズ
このガラス幅に合ったフィルムを用意しました。
プレタポルテガラスフィルムです。
(プレタポルテは、高級既製服の意)
幅3種 80cm 75cm 70cm
長さ3種 180cm 140cm 100cm
幅3種x長さ3種で9通りのサイズ
プレタポルテガラスフィルム3x3サイズ
ガラスフィルムの2辺をカットするのは難しい: 縦長カットが要らなくなるように、
横幅を3通り、 長さも各横幅毎に3通り用意しました:180CM, 140CM, 100CM
対象フィルムは、防犯・防災・断熱・凹凸用を含む弊社厳選14品目
ガラスフィルムのサイズ
周囲との隙間を約2mmとるのが標準的です。 水抜きのため及び周囲との競り合いを防ぐためにこの隙間は必要です。
施工技能士は、大きめのフィルムを貼って、”当て切り”します、器用な方なら難しくありません。 スケールやカードの厚さ(約2mm)に、カッターを添えて滑らせながらカットするのが当て切りです。
フィルムの幅が、10mm〜20mmぐらい、せまくても良い(効果に対する影響は面積比例)と考えれば、施工は頗る簡単になります、 余分な長さをカットするだけなら比較的容易です。
理想は隙間約2mm 許容サイズ
PETボトルとスプレーヘッドを用意し、施工液ミニを注入します。 セパレーターを剥がして、粘着面に施工液をスプレーして施工します。 施工キットC 付属品=施工キットC
(商品1本毎に1セット付属)
なでスキーと施工液ミニ
なでスキージー
施工液の作り方 セパレーターをはがします