耐紫外線両面テープ 《UVレジステープ》 新発売
Ma y Clean Gel 共同技研化学株式会社製

ークリンゲル両面テープ
《UVレジステープ》
紫外線劣化せず、その上
可視光線透過率93%と極めて透明


優れた透明度と、高い耐侯性を誇る両面テープ
窓ガラスにフィルムやシートを貼る際に便利です。
新しい両面テープが誕生しました。
紫外線による裂化の心配がありません。

・キセノンアーク灯照射試験2000時間実施済み
(この試験は、実曝5年以上に相当します)

使用例:耐UV両面テープを使用したガラスフィルムの貼り方
メークリンゲル 《UVレジステープ》両面テープの主な特徴

@強い粘着力、剥離時の糊残りが少ない 
A可視光線透過率93%と、ほぼ透明
BUV吸収性に優れ、高い耐侯性を持つ
C衝撃吸収性に優れている
D高温多湿状況下であっても品質変化なし。
Eガラスに最も付きやすく、ナイロンには着きにくい。
メークリンゲル製両面テープ 《UVレジステープ》 の主な仕様
透明テープです。
UVレジステープ 両面テープの仕様
構造 メークリンゲル粘着層 基材レス、両側剥離紙付き
粘着層 糊厚 75 μm

色 = 透明

テープ幅 15mm 及び 20mm
両面紙セパレーター付き、テープ巻き内径=76mm
昇温耐熱試験 200 度C 共同技研化学株式会社調べ
粘着力 4.4 N/cm

JIS Z0237 準拠

保持力 360 分 JIS Z0237 準拠
条件…試料 幅25mm×厚み0.3mm 荷重…1Kg 温度…40℃)
引張応力 0.44 MPa JIS K7161 準拠
引張ひずみ 230 % JIS K7161 準拠
光屈折率 1.475(23度C) JIS K7105準拠

糊残りが少なく、衝撃吸収性に富み、 スマートフォンやタブレット等の
液晶内部でも使用されています。

@幅15mm×長さ20M×糊厚75μm…1R
A幅20mm×長さ20M×糊厚75μm…1R
メークリンゲルは、紫外線に強く劣化しません
共同技研化学株式会社のホームページへ


メークリンゲルの特徴は 架橋構造
● 糊残りが少ない
● 透明度が高い
● 紫外線で裂化しない
etc.

メークリンゲルは架橋構造なので粘着力に優れ、糊残りが少ない
サイバーレップスの凹凸ガラス用フィルム
OTA390(防犯), OTT50(防災), OTE50(遮熱)は、
共同技研化学株式会社の分子勾配膜構造です。
○上記特性値は、基準に従って計測されたメーカー発表値であり、保証値ではありません。
○製品の仕様等は、予告なく変更する場合があります。