遮熱クールネット 取り付けマニュアル2 「オーダーカット+穴あけ」 をご購入の方へ

取り付け方法2:ご指定サイズ オーダーカット+穴あけの場合
穴あけサービス付きですので、すぐに貼れます。
標準はマジックテープ止めです、 サイバーレップス特製『OTAテープ』もあります。


取り付けテープを、「ご必要+予備数個」付けてお届けします。
1)ご注文時に、テープの種類をご指定頂いております。
2)ご指示がない場合には、標準マジックテープをお届けします。

マジックテープは、取り外し、再取り付けが容易です。
マジックテープは黒色で目立ちます。

OTAテープは比較的目立たないと好評です。
OTAテープは、長期間、しっかり止めたい方にお勧めです。
特に、窓ガラスに直接貼る場合には、密着度が良いと高く評価されています。

サイバーレップスのオリジナル:
『オーダーカット+穴あけ+テープ取り付けサービス 』

取り付け穴のサイズは、直径15mmの丸穴とします。
周囲200mm〜300mmピッチで穴あけを行います。
丸穴とエッジの間隔は、約10mmです。

取り付けマニュアル

貼り付け前の準備
1)サイズを確認します
実際に貼る面に現品をあてて確認します。
メッシュネットですので、多少の伸び縮みはご容赦ください。
せりあいを防ぐため、周囲2mm位あけることをお勧めしています。
大きすぎる場合は、はさみでカットして下さい。
2)貼る面(ガラス面、又はフレーム)の洗浄
・貼る面をきれいに洗ってください、油やダストが付着していると上手く貼れません。
・洗ったあと、十分に乾燥させてください。

金属光沢面を日射側にします


セキスイクールネット取り付け穴加工

黒色マジックテープで取り付ける場合
Step1: ネットの上部に、 マジックテープをネットを挟んで取り付けます
Step2: 所定の位置にあてがい、全体を垂らして位置を確認し、裏紙を剥がして貼り付けます
Step3: 両サイド及び下部に、マジックテープを挟んで取り付け、 裏紙を剥がして貼り付けます

当初の商品ページでは、”止めテープを取り付けてお届け”と致しておりましたが、商品の変形及び損傷が発生してしまいました。
「マジックテープ止め」商品は、止めテープを小袋に入れ、同梱致しております、ご了承をお願い致します。
OTAテープ止め
OTA白色テープセットをつけてお届けします。
両面テープ1の裏紙を剥がして貼り付けます。

白色テープで取り付ける場合
Step1: ネット上部の 所定位置にあてがい、全体を垂らして位置を確認し、両面テープ1の裏紙を剥がして貼り付けます
Step2: 両サイド及び下部の取り付け位置を確認し、両面テープ1の裏紙を剥がして貼り付けます。
クールネットがたわまないようにご注意ください。
これで、完了です。

クールネットのテープ止め

金属光沢面を日射側にします

重要:
クールネットの金属光沢面を日射側にします。
反対に貼ると、所定の遮熱性能が得られません。
貼り付けテープの『裏紙』の位置がクールネット金属光沢面の反対側なります。
・外貼りの場合:
裏紙の位置 vs ネットの光沢面 =>反対側
・内貼りの場合:
裏紙の位置 vs ネットの光沢面 =>同じ側
オーダーカット品をご注文の際には、外貼り用/内貼り用を必ずご連絡ください。

クールネットは外貼りがお勧めです、遮熱効果が高くなります ガラス面の内貼りも可能です、怪我防止効果も期待できます。

サッシ面、又は窓ガラスの外側又は内側に直接貼り付けます。
貼る面のサイズを測り、お知らせください
・周囲1〜2mmあけます、周囲との『競り合い』を避けるためです。
クールネット標準のマジックテープは、ブラックで少し目立ち過ぎるとのご意見があります。
OTA白色テープをお勧めしています。

OTAテープの構造、粘着剤の厚さは200μm

OTA白色テープについて:
OTAテープは、凹凸ガラス用防犯フィルムOTAのカット品で、総厚は390μmあります。

基材:厚さ188 μm のPETフィルム
しなりと剛性が適度に共存しています。
粘着層の厚さは、200μmあり強力です。
通常の粘着剤の厚さは20μm位です。
紫外線による劣化は、実用上ありません。
製造発売元:株式会社サイバーレップス

サイバーレップスはオーダーカットのガラスフィルムパイオニアです